気になるいぼを改善したいなら|切除手術を受けよう

生活から見える病の可能性

ナース

多種多様な現象を徹底解析

人間の体を覆っている皮膚は体内環境によって外部からの刺激を受けるだけでいぼを発症させる事があります。一番わかりやすいいぼの種類が尖圭コンジローマという現象で、性行為から感染する性感染症の一つでもあります。発病箇所は陰茎や亀頭だけに限らず肛門や小陰唇や大陰唇、膣内や口唇といった体内にまで発症する事が確認され治療するには医師の元で手術を受ける必要があります。この様にいぼは老化現象だけで発病するすわけではなく、老若男女様々な人が発病する可能性を秘めており特に若年層を中心に発病するいぼを青年性扁平疣贅といいます。このいぼの特徴は良性と悪性の2種類が存在し、素人の目視だけでは確認する事ができず放置すると増えていく事例もあるので医師に相談し手術を受けるようにしてください。また悪性の場合は感染力が非常に高いタイプもあるので、根気良く治療を行い再発を防止する工夫が必要な病気でもあります。感染力では伝染性軟属腫の存在も厄介で、このいぼは他人に接触感染する可能性もあるので家族全員に発症する事例も確認されているのが特徴です。水ぶくれのような現象なのでみずいぼという名前で多くの人に認知されています。他の皮膚炎との関係性が深く、一度発症すると際限なく広がっていくので発症が確認された場合すぐに医師の手術を受けてください。生活環境でいぼを発症させた時に人間の行動に支障がでるタイプが足底疣贅という現象です。家の中で素足で過ごす人に多く発症するいぼとして知れ渡り、医学的にはウィルス2型が原因とされ皮膚感染で発症する特徴があります。素足の時間が長ければプールで感染する可能性も秘めており、体の他の部分に感染し増大していく事もあるので医師による適切な手術が必要です。外的な要因から考えれば尋常性疣贅というウィルス性の可能性も否定できません。尋常性疣贅は皮膚に存在する微細な傷から内部に侵入し、血管と皮膚の状態を複雑化しいぼとして発症させるタイプです。そのため素人目線で傷をつけて潰そうとすると出血するので、医師の判断で手術を行い治療する必要があります。

Back to Top