気になるいぼを改善したいなら|切除手術を受けよう

皮膚科のレーザー治療

顔を触る人

あらかじめ料金を確認

ウイルスが原因のいぼは、体の免疫力を高める内服薬で治療できる場合があります。しかし誰にでも同じ効果があるとは限りませんし、一般的に治療には時間がかかります。いぼを取り除きたいなら、皮膚科や美容外科で手術を受けるのが確実でしょう。手術は単純にメスで切り取れば良さそうですが、ウイルスが皮膚に残っていると再発する恐れがあるため、医療機関ではあまり行われていません。病理検査として切り取る場合の費用は、保険が適用されて3千円〜5千円程度になることが多いようです。悪性のいぼを発見するには有効な方法で、おおむね3ミリ以下の小さないぼに対して行われます。普通のクリニックでは、手術よりも液体窒素を使う方法が多く用いられています。患部を凍らせて取り除く方法で、大きないぼだと3回〜5回ぐらい繰り返す必要があります。この方法のメリットは、保険適用で1回千円程度から治療できることです。ただし人によっては痛みが長引くことがあり、治療期間も長くなりがちです。それでも費用を安く上げたい場合には効果的な治療法と言えるでしょう。保険適用にはなりませんが、レーザーを利用した手術は短期間で完了し、体への負担も比較的少ないため人気があります。具体的にはYAGレーザーや炭酸ガスレーザーを使って、患部を焼き切ってしまう方法です。レーザーはメスで切り取るよりも痛みが小さく、出血も抑えられるというメリットがあります。また傷跡が残りにくいことも特徴のひとつで、美容の側面からも推奨できる方法です。レーザー手術の費用は、いぼの大きさや個数によっても変わりますし、クリニックによってもかなりの違いがあります。いぼ1個につき5千円ぐらいから、高いところでは5万円程度になる場合もあります。メリットの多いレーザー治療ですが、料金についてはあらかじめ確認しておきましょう。とはいえ治療をぐずぐずと引き延ばしていると、ウイルスが増殖していぼが増えたり大きくなったりすることがあります。治療を受けると決めたら、なるべく早めにクリニックに相談することが大切です。

Back to Top