気になるいぼを改善したいなら|切除手術を受けよう

生活から見える病の可能性

ナース

発病原因として考えられているいぼのウイルスは種類が多く、その特定も医師を含めた専門家でなければ行えません。なので老化現象のいぼと決めつけず、発病が確認されたら増殖する前に医師に相談し手術で治療してもらってください。

Read More

信頼のできる医師に依頼

美容整形

いぼの手術方法には様々な治療がありますので、納得のできるものを選ぶためにも信頼のできる医師にカウンセリングをしてもらうことが大切です。値段だけでクリニックを選択するのではなく、ネットの口コミや実績を参考に選びましょう。

Read More

ウイルスが原因だった

レディ

感染のリスクは誰にでも

できると気になってしまういぼですがその種類には大きくわけてウイルス性のものとそれ以外のものの2つがあります。ウイルス性のいぼの多くはヒトパピローマウイルスというウイルスに感染することでできます。ヒトパピローマウイルスは人にのみ感染するウイルスでほとんどの場合体内の免疫機能が働き排除されますが、傷口からの感染や免疫力の低下によりいぼができてしまいます。子宮頸がんの原因となるウイルスとしても有名ですが、このウイルスには100種類以上の種類がありその種類の違いによりいぼの原因や癌の原因となったりするのです。このウイルスによりできるいぼには手足にできることが多い尋常性疣贅や足の裏にできる足底疣贅、そして青年性扁平疣贅とも呼ばれる青年期の顔や手にできる扁平疣贅があります。ウイルス性の場合他の部分にも感染するリスクがあるので早めに医者に見てもらったほうが良いでしょう。他には水いぼと呼ばれ免疫力の低い子供が接触感染する伝染性軟属腫があります。自然治癒することもありますがアトピーやアレルギー体質の子供の場合なかなか治らないこともあるので早めの治療が必要です。ウイルス性でないものは老人性疣贅といいこれは皮膚の老化が原因になりますが、遺伝が関係することもあるので若い人にもできることがあります。脂漏性角化症とも呼ばれ手のひらや足の裏以外どこにでもできる可能性があり次第に大きくなっていきます。ウイルス性でない場合でも中には悪性の腫瘍であることもあるので、形や色などもし気になったのならば医者に相談をしたほうが良いです。一般的にいぼを取る場合メスを使った手術はせずほとんどの場合液体窒素やレーザーを使った治療を行います。他に電気焼灼法という電気メスを使いいぼを取る治療法もありますが、これも手術とは違い縫合しないので皮膚への負担も軽く済みます。いぼが大きい場合やウイルス性でなかなか治らない場合などに行うのがメスで切り取る切開切除法という手術です。この手術の場合縫合とその後の抜糸が必要なので手術後何回か通院が必要になります。

キレイに除去できる

カウンセリング

病院に行けば簡単な手術でいぼを取りのぞくことができます。跡がほとんど残らない、治療時間が短いという点からレーザー治療が人気です。痛みもなく、施術時間もあっという間に終わってしまいます。ウィルス性のいぼにも加齢によるいぼにも有効です。

Read More

病院での治療

看護師

自分でハサミを使って切除するよりも病院で手術を受ける方がよりいぼを確実に取り除きやすくなります。また傷跡のケアも丁寧に行って貰えるので、跡が目立ちにくいという事もあり病院での治療を選ぶ人は多くいます。

Read More

皮膚科のレーザー治療

顔を触る人

いぼは液体窒素で取り除くのが安価ですが、時間がかかり痛みを伴う場合があります。レーザーを使った手術は痛みや出血が少なく、傷跡も残りにくいので人気があります。保険は適用されず、治療費はクリニックによってかなりの差があります。

Read More

Back to Top